現場ブログ現場状況、塗装イベントなどをいち早くお届けします

95%以上の方に「大変満足した」「満足した」と評価をいただきました

HOME > 現場ブログ > 屋根の釉薬瓦(ゆうやくがわら)と銅製雨樋について|福島|郡…

屋根の釉薬瓦(ゆうやくがわら)と銅製雨樋について|福島|郡山市、いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の屋根サイディング&屋根工事&雨もり防水専門店、適正価格で評判の見積もりを実現

コラム現場ブログ 2018.12.11 (Tue) 更新!

  こんにちは!屋根リフォーム.com福島です!

本日も寒いですね…。福島県は雪が降っています。

年末で体調を崩しやすいだけに体調管理だけはくれぐれもお気をつけください!

 

さて、本日は屋根の釉薬瓦(ゆうやくがわら)と銅製雨樋についてお話したいと思います。

まずは、釉薬瓦(ゆうやくがわら)の瓦屋根の話についてです。

この瓦屋根は陶器瓦とも呼ばれ、粘土を瓦屋根の形にかたどった後、釉薬をかけ窯(かま)の中で高温で焼き上げた瓦になります。

瓦表面の釉薬がガラス造りになっているため水が浸透せず劣化しにくく耐久性が非常に高いのが特徴です。そのため台風や大雨、雪で大きな破損がない限り、瓦屋根の色褪せはありますが長期間にわたり耐久性があります。和風建築の家に多いですね。

次に銅製雨樋についてです。

銅自体が約60年ほど持つと言われており、経年すると緑青(ろくしょう)がふいてきて緑色になり味が出てきます。

釉薬瓦も銅製雨樋もどちらも耐久性が高い材料です。

しかし、耐久性が高いからといってこの2つを合わせてしまうと耐久年数が逆に下がってしまいます。

なぜでしょうか?

その原因として屋根材の釉薬瓦の色付けに使用する釉薬(ゆうやく)に含まれる金属成分が雨により流れ、銅製雨樋に付着することで化学反応を起こし腐食してしまうのです。

そのため、釉薬瓦と銅製雨樋を合わせた場合、銅製雨樋の方が先に傷んでしまうのです。

これは、10年ほど前からわかってきたことです。

以前は経年した家が無かったので、釉薬瓦と銅製雨樋を合わせるとどうなるのかが分からなかったようですが、最近ではこのような事がないように、屋根瓦と雨樋の素材の選定も気を使って行われています。

本日の内容はどうでしたでしょうか?

その他、何か気になることがあればお気軽にお問い合わせください!

専門スタッフが丁寧に対応いたします!

それではまた、来週もよろしくお願いします!

 

屋根リフォーム(屋根塗装、屋根工事、瓦葺き替え、屋根板金、カバー工法、)雨漏り防水工事専門店 屋根リフォーム.com福島

★適正価格、スピード見積もり業者で口コミ評判No,1!★
「塗装ビジネスAWARD2017」で、福島県(郡山市、いわき市、白河市、福島市、会津若松市、須賀川市、喜多方市、相馬市、二本松市、田村市、南相馬市、伊達市、本宮市)第1位を受賞しました!

福島県で屋根塗装をお考えの方はこちらへ⤵

屋根塗装キャンペーン

屋根カバー(重ね張り)キャンペーン

屋根の張替え(葺き替え)キャンペーン

屋根リフォーム.com福島へのお問合せはこちらです⤵
0120-316-336[営業時間:9:00〜18:00]

福島県対応エリア(屋根塗装、屋根リフォーム工事)⤵

郡山市、いわき市、白河市、福島市、会津若松市、須賀川市、喜多方市、相馬市、二本松市、田村市、南相馬市、伊達市、本宮市

屋根工事ショールーム住所はこちらです⤵

郡山市店:〒132-0021 福島県郡山市喜久田町卸3丁目38-1

いわき市店:〒971-8151 福島県いわき市小名浜岡小名字広畑55-3

白河市店:〒961-0856 福島県白河市新白河1丁目36

メールでのお問い合わせはこちらです⤵
お問い合わせフォーム

  • 年間着工ランキングで福島県第1位
  • 相談会随時開催中福島ショールームのご案内
  • 問い合わせ数1万件突破 お電話に抵抗ある方はまずはネットで相談!!95%以上の方に「大変満足した」「満足した」と評価を頂きました!!
  • 東証1部上昇企業から表彰・取材されました!日本全国No.1塗装ビジネスAWARD2017
  • 屋根リフォーム.com福島が選ばれる理由
  • 知らないと損をする屋根の基礎知識
  • 最安値屋根塗装メニュー23万円から
  • 最安値屋根カバー工法49万円から
  • 普段見られない屋根だから専門家に診てもらおう!無料屋根診断 詳細はこちら
  • 雨漏りの原因箇所が赤外線でくっきりわかる!雨漏り無料診断はこちら

屋根リフォーム.com福島施工エリア

福島、郡山市、いわき市、白河市、福島市、会津若松市、須賀川市、喜多方市、相馬市、二本松市、田村市、南相馬市、伊達市、本宮市