現場ブログ現場状況、塗装イベントなどをいち早くお届けします

95%以上の方に「大変満足した」「満足した」と評価をいただきました

HOME > 現場ブログ > 【郡山市】屋根は瓦だけじゃない!!防水による屋根もございま…

【郡山市】屋根は瓦だけじゃない!!防水による屋根もございます(鈴木康)

2019.03.18 (Mon) 更新!

皆さんこんにちは!

リモデル事業部の鈴木です!!

 

今回は防水について書いていこうと思います!

屋根と防水の関係性は一見内容に思われがちですが、陸屋根などの場合は

防水層によって構成されています。

今回は防水の種類についてご説明します。

 

まず最初にウレタン防水についてです。

ウレタン防水とは、前回紹介したFRP防水と同じ塗膜防水の一種で、液状のウレタン樹脂を塗布して防水層を形成していく工法です。

メリットとしては、継ぎ目がないため雨水が浸入する心配がないということと、重ね塗りができるため既存のウレタン防水を撤去する必要が無いというところです。

 

次は、シート防水についてです。

シート防水とは、合成ゴムやプラスチックを1.2~2.5mmほどのシートに加工した耐候性や施工性に優れている防水シートを使用する工法です。

シート防水には2種類あります。

ゴムシート防水は材質がゴムでできている為、伸縮性・柔軟性があり、下地に亀裂ができてもカバーしてくれます。

塩ビシート防水は耐候性がある為、紫外線・熱などに耐久性があります。また、メンテナンス性にも優れており、長期的に使いたい方におススメです。

 

最後はアスファルト防水についてです。

アスファルト防水とは、液状の溶解アスファルトとアスファルトシートを積層することで、厚みのある防水層を作る工法です。

アスファルト防水の工法には2種類あります。

トーチ工法とは、シートの裏面と下地をトーチバーナーという大型バーナーであぶりながら貼り付ける工法です。

冷工法とは、改質アスファルト(従来のアスファルトよりの耐久性が向上したもの)粘着剤で貼り付けていく工法のことです。

 

防水にもいろんな種類があるのだと知っていただければ幸いです!

塗装・防水等気になる点がございましたら、下記の電話番号まで!!↓

0120-316-336

皆様からのお電話お待ちしております!

  • 年間着工ランキングで福島県第1位
  • 相談会随時開催中福島ショールームのご案内
  • 問い合わせ数1万件突破 お電話に抵抗ある方はまずはネットで相談!!95%以上の方に「大変満足した」「満足した」と評価を頂きました!!
  • 東証1部上昇企業から表彰・取材されました!日本全国No.1塗装ビジネスAWARD2017
  • 屋根リフォーム.com福島が選ばれる理由
  • 知らないと損をする屋根の基礎知識
  • 最安値屋根塗装メニュー23万円から
  • 最安値屋根カバー工法49万円から
  • 普段見られない屋根だから専門家に診てもらおう!無料屋根診断 詳細はこちら
  • 雨漏りの原因箇所が赤外線でくっきりわかる!雨漏り無料診断はこちら

屋根リフォーム.com福島施工エリア

福島、郡山市、いわき市、白河市、福島市、会津若松市、須賀川市、喜多方市、相馬市、二本松市、田村市、南相馬市、伊達市、本宮市