現場ブログ現場状況、塗装イベントなどをいち早くお届けします

95%以上の方に「大変満足した」「満足した」と評価をいただきました

HOME > 現場ブログ > 【郡山市】スレート瓦には隙間が必要!?(石川)

【郡山市】スレート瓦には隙間が必要!?(石川)

現場ブログ 2020.10.22 (Thu) 更新!

皆様こんにちは!郡山店の石川です。

本日はスレート瓦には隙間が必要!?というテーマで話していきたいと思います。

宜しくお願いします!!

皆さん!このテーマだけを見て、どう思いますか?

スレート瓦に隙間なんて必要なの?隙間なんてあったら雨漏りしてしまうんじゃないの?

そう思いますよね!?自分も最初聞いた時には、隙間なんてあったらダメでしょと思いました。(笑)

でも実はスレート瓦には隙間が必要なのです!!

詳しく説明していきます。

本来瓦と瓦の重なり部分(小口)は、隙間がなければならないんです。

なぜかというと、スレート瓦の塗装工程の中で、「縁切り」という非常に重要な工程があります。

縁切りとは塗装を行う際に、瓦と瓦が重なった部分に溜まった塗料に対して、切込みを入れることで雨水の排出口を人為的に作る作業のことです。

縁切り作業を怠ると、本来すき間がなければならない部分を塗装時に塗料で塞いでしまうので、雨水の逃げ道がなくなり、天井裏などへ雨水が逆流し、雨漏りを誘発する原因となります。

そのため、スレート瓦の塗装時には、タスペーサーと呼ばれるプラスチックのものを装着し、縁切りを行う必要があります。

上記の写真がタスペーサーと呼ばれるものになります。

タスペーサーは、スレート瓦1枚につき、2個のタスペーサーを挿入します。

このプラスチックのものを使って、隙間を作るんですね~。

逆に、スレート瓦の重なり部分に隙間がないと雨漏りを誘発してしまう原因となるなんてびっくりぽん!ですね(朝ドラ好きなんです..(笑))

タスペーサーは先ほど言った通り、スレート瓦1枚につき2個使うため、かなりの量を使用します。

そのため金額のほうも少々かかってきてしまいます。そこまでは~という方は、、、

タスペーサーを挿入する代わりに、塗装後に1枚1枚くっついたスレート瓦をカッターやカワスキと呼ばれる道具で切り、隙間を作る作業を行います。

タスペーサーほど安定した隙間を作ることは出来ませんが、多少の隙間を作ることが出来ます。

 

今回はスレート瓦には隙間が必要!?というテーマで、お話させていただきました。

「縁切り」と「タスペーサー」は、どちらも聞きなれない言葉だと思いますが、スレート瓦の家にお住いのそこのあなた!!

今後塗装をしようかなと見積を依頼した際には、必ず出てくる単語です。

「縁切り」と「タスペーサー」を知っていれば、業者のほうも、お!このお客様知ってるな!と話がスムーズに進むと思います。(笑)

何かご不明点やご不安な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

これからも色んな情報をお届け致します。

宜しくお願い致します。

  • 年間着工ランキングで福島県第1位
  • 相談会随時開催中福島ショールームのご案内
  • 問い合わせ数1万件突破 お電話に抵抗ある方はまずはネットで相談!!95%以上の方に「大変満足した」「満足した」と評価を頂きました!!
  • 東証1部上昇企業から表彰・取材されました!日本全国No.1塗装ビジネスAWARD2017
  • 屋根リフォーム.com福島が選ばれる理由
  • 知らないと損をする屋根の基礎知識
  • 最安値屋根塗装メニュー23万円から
  •            
  • 最安値屋根カバー工法49万円から
  • 普段見られない屋根だから専門家に診てもらおう!無料屋根診断 詳細はこちら
  • 雨漏りの原因箇所が赤外線でくっきりわかる!雨漏り無料診断はこちら

屋根リフォーム.com福島施工エリア

福島、郡山市、いわき市、白河市、福島市、会津若松市、須賀川市、喜多方市、相馬市、二本松市、田村市、南相馬市、伊達市、本宮市、伊達郡、耶麻郡、那須塩原市, 大田原市、矢板市、塩谷町、那須町、日光市