現場ブログ現場状況、塗装イベントなどをいち早くお届けします

95%以上の方に「大変満足した」「満足した」と評価をいただきました

HOME > 現場ブログ > 【福島市】防水性低下について(棚辺)| 郡山塗装|いわき市…

【福島市】防水性低下について(棚辺)| 郡山塗装|いわき市、須賀川市、二本松市、本宮市の外壁塗装&屋根リフォーム&サイディング&雨もり防水専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

2020.11.03 (Tue) 更新!

みな様こんにちは☀

屋根外壁塗装工事をお考えの皆さま「スタッフブログ」をご覧頂きありがとうございます。

屋根リフォーム.comの棚辺です!!

 

肌寒い日が続いていますが、皆さん元気にお過ごしでしょうか??

私は最近目がかゆく、くしゃみが止まらないです、、花粉でしょうか(笑)

皆様も風邪などひかぬように、お体には気を付けてお過ごしください。

私も寒さに負けず元気いっぱいに過ごしていきたいと思います!(^^)!

 

それでは今回は、屋根の防水性の低下についてお話させていただきたいと思います。

 

↑こちらが実際に藻・コケが発生している状態です

 

このようにこのように防水性がなくなると、主成分であるセメントに雨水が染み込んでいき、屋根の劣化を進めていきます。

雨水が染み込むことが常態化すると、藻やカビが生息しやすい環境となるだけではなく、雨漏りの原因となります。

特に北側の屋根では日光が当たらず湿気が残りやすい為、藻ややコケが生えやすい状況となります。

さらに、夏場の暑い日や冬場の零下においては吸収した水が膨張し、屋根材の反りや割れを誘発して更なる劣化を進めてしまいます。

 

↑こちらが実際に屋根が反っている状態です

スレート瓦の小口の適切な隙間は1㎜から2㎜程度と言われています。

この写真くらい反ってしまいますと隙間から、雨水が浸入する可能性があります。

 

また屋根に藻やコケが生えてきたら表面の防水性が低下している証拠になります!

但し防水機能がなくなったと言っても、すぐに雨漏りするというわけではありません。

なぜなら、下の図のように屋根の下には2次的な防水機能を果たすルーフィングシートという防水シートが前面にしかれているからです。

 

 

このルーフィングシートがあるので、瓦から下に雨水が染み込んでいってしまってもルーフィングシートが守ってくれます。

しかし、この雨水が侵入している状態が4~5年も続いてしまうとシートを超えて天井のしみとなって現れてきます。

 

↑こちらが実際に野地板に雨染みが発生している状態です

こうなってしまいますと屋根は葺き替えなければならない状態となり、費用的にも3倍ほどの負担が出てきてしまいます。

つまり雨漏りしてからでは遅いということです!

塗装で処置ができるときに早めにメンテナンスを行うことをおすすめします。

 

屋根は実際に住んでいると、間近で見れることがないのでどうなっているのか分からないことが多いと思います。知らないうちに雨水が侵入していたり、野地板に雨染みが出ていたりしますと雨漏りの原因にもなってしまいます。

もしそろそろメンテナンスの時期だと感じている方や、心配だから屋根を見てほしいという方がいましたらお気軽にお問合せ下さい(^-^)

外装劣化診断士の資格をもっている者が実際に屋根に上がらせていただき診断いたします‼

 

それではまたお会いしましょう(‘ω’)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 年間着工ランキングで福島県第1位
  • 相談会随時開催中福島ショールームのご案内
  • 問い合わせ数1万件突破 お電話に抵抗ある方はまずはネットで相談!!95%以上の方に「大変満足した」「満足した」と評価を頂きました!!
  • 東証1部上昇企業から表彰・取材されました!日本全国No.1塗装ビジネスAWARD2017
  • 屋根リフォーム.com福島が選ばれる理由
  • 知らないと損をする屋根の基礎知識
  • 最安値屋根塗装メニュー23万円から
  •            
  • 最安値屋根カバー工法49万円から
  • 普段見られない屋根だから専門家に診てもらおう!無料屋根診断 詳細はこちら
  • 雨漏りの原因箇所が赤外線でくっきりわかる!雨漏り無料診断はこちら

屋根リフォーム.com福島施工エリア

福島、郡山市、いわき市、白河市、福島市、会津若松市、須賀川市、喜多方市、相馬市、二本松市、田村市、南相馬市、伊達市、本宮市、伊達郡、耶麻郡、那須塩原市, 大田原市、矢板市、塩谷町、那須町、日光市